新和ロゴ 新和産業株式会社
BCP(事業継続計画)について


BCPとは

  • 企業が自然災害、大火災、テロ攻撃などの緊急事態に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能とするために、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段などを取り決めておく計画のこと。
  • Business Continuity Plan (BCP)

BCPに取組んだ背景
◆近年頻発する地震・津波による災害
  神戸淡路大震災    1995.1.17  M7.3
  スマトラ沖地震・津波 2004.12.26 M9.3
  能登半島地震     2007.3.25  M6.9
  新潟中越沖地震    2007.7.16  M6.8
  岩手宮城内陸地震  2008.6.14  M7.2
  頻発する災害

◆今後30年以内の大型地震発生の確率
(出典:地震調査研究推進本部地震調査会資料07.11)

 ・ 東海地震   M8程度    87%(参考値)
 ・ 東南海地震 M8.1前後  70%(程度)
 ・ 南海地震   M8.4前後  50%(程度)
                ↓
              問題点
 @ 地震国日本
 A 世界中の地震の約1割が日本
    大地震では約2割が日本
↓
地震時の新和産業の役割と対応
1) 新和産業は都市ガス事業用の資材を全国のガス会社に届けています。
2) 1995年1月17日の神戸・淡路大震災の教訓を生かし、地震などの災害時に必要な復旧資材の出荷ができる体制を整えています。
→ このため24時間365日災害時でも事業が継続できることを目指しました。


新和産業グループの大規模災害時の
事業継続計画(BCP)の導入システム

 ◆ 震災に対して企業のポリシーとして、地震・テロが発生しても、事業継続ができるように、
   手段としてマイクログリッドの計画・導入を行いました(創業60周年記念事業)。

全体構想のシステム図
マイクログリッド
<マイクログリッドの導入内容>
・マイクロコージェネ「25kW」:     ピークカット運転と位置づけています。
・マイクロコージェネ「6kW」 :     排熱は空調用デシカント・床暖房・洗面給湯に最大限利用しています。
・自然再生エネルギー「4.6kW] :  風力発電(MAX0.6kW)、太陽光発電4kWを設置しています。

 マイクロコージェネ25kWは災害時、電力や都市ガスの供給が遮断されても、システムが構築できるよう、停電時にも単独で始動できる、マイクロコージェネでは国内唯一の「ブラックアウトスタート」機能を備えています。
 また、都市ガス遮断時もLPG13A(又はCNG)のボンベに切り替えて常時防災兼用機として、いつでも運転できるようにスタンバイしています。さらに災害時には、その排熱を地域のみなさまに仮設風呂などの給湯として利用します。


災害の緊急時に「地域社会」に貢献
災害時イメージ

PAGE TOPへ
   Copyright(c) 2009 Shinwasangyo Co.LTD All Rights Reserved.